特典




正田です。

私はこれから、「あなたの夢を叶える」という事について、
真剣にお話ししたいと思います。

まずはそのために、1つお伝えしたいことがあります。

夢を叶えるために、自分を変える必要は全くありません。

心配性な人、人付き合いの不得意な人、
パソコンが不得意な人、家庭を大切にしたい人。

人間が100人いれば、当然100通りの個性があり、100通りの生活環境や、その人なりの考え方というものがあるはずです。

Amazon輸出であれば、あなたの個性をそのままにしながら、
あなたらしく成功することが可能です。

心配性な人は心配性と言うことを強みにしながら、データを見るのが得意な人はそれを強みにしながら、交渉や、リスクを取ることが得意な人はそれぞれの強みをいかして、成功しています。

「自分には強みがありません。」という方も、全く心配の必要はありません。
むしろ、最初の段階ではそう考える方が一番多いようです。

そして、そういった方には1つの共通点があります。Amazon輸出を実践し、結果が出始めた途端、自分の中に隠されていた大きな才能が、一気に開花するのです。

ですから、あなたの才能も、必ず開花します。
これまで多くの受講生を成功させてきた私が、それをお約束します。

そうお約束できる最大の理由は、Amazon輸出の手法であれば本当にごく短期間で結果がでるからです。そのため、どんどん夢中になっていくうちに、才能を開花させられるのです。

特に運の良い受講生だと、

実践した初日からいきなり商品が売れ出します。

イメージそして、
「これが年商7.7兆円のAmazonの凄まじさか・・・」
と感じるはずです。

もちろん、多少運が悪くても、商品登録さえ続ければ数週間のうちに最初の商品が売れ出すケースが多いようです。成果がでるまでに時間のかかるアフィリエイトなどに比べて、あまりにも早く成果が上がるのです。

あなたが生まれて初めて、米国Amazonから「Sold, ship now: ・・・」という売上通知のメールを受け取ったとき、きっと嬉しく思うはずです。そして、これからあなたの身に起こる大きな成功の可能性を感じ始めるのではないでしょうか。

そして、稼げば稼ぐほど、スキルアップし、売れる商品がわかるようになり、英語での顧客対応になれて、外注を使いこなせるようにもなります。

Amazon輸出アカデミーのサポーターやテキストの力を借りながら、出来ることがどんどん増えていくので、夢中になって作業にのめり込んでいくのです。

そんな風に夢中になっているうちに、月商50万、100万、200万、・・・、1000万と達成していき、あなたは周囲からいつの間にか尊敬のまなざしを向けられることになります。

これを一言で言うと・・・

Amazon輸出で稼いでいく過程は、まさに、
あなたがあなたらしく夢を叶えていく過程なのです。

イメージかくいう私も、2年前までは、成功などというものからは、ほど遠い人間でした。3/p>

サラリーマンとしての18年間の経験は、とても起業に役に立つものではなく、資金も、人脈も、スキルも何もなかったのです。

毎日毎日、深夜まで激務のために睡眠時間が限られ、本当に心の底から嫌だった満員電車に我慢しながら18年間乗り続けました。あまりにも睡眠時間が取れないときなどは、つり革に掴まりながらも、周囲に気を遣いながら目を閉じ、睡眠時間を確保しようとしたときが何度もありました。

そんな中、私には「富と自由がどうしても欲しい」という消えない思いがありました。そんな時、Amazon輸出に出会ったのです。

そして・・・

Amazon輸出があまりにも魅力的なので、
年収1千数百万円も、社会的地位も、全部捨てました。

私は2014年2月、18年の長きにわたって勤めた
日本最大のメガバンクを退職しました。

イメージ仕事に不満があったのではありません。

むしろ、恵まれていた方で仕事そのものを楽しんでいた
と言っていいでしょう。

 

給与も、千数百万円と、
平均的な40代前半の男性の年収よりもはるかに
高い額をいただいていました。

 

ではなぜ、会社を辞めたのか。
それは、私の胸の中に長年、消せない想いがあったのです。

-自分のアイデアをすぐに実行できる環境で仕事がしたい。
-しがらみや根回しの必要のない環境で、自由に、思う存分、仕事がしたい。
-もっと世界とつながっている実感を持って仕事がしたい。
-頑張った分は、キチンと見返りを得たい。

いつか自分でやれる自信がついたら起業したい、
そんな想いを抱えて、数年、いろいろと模索していました。

多くのネットビジネスセミナーに参加し、高額な情報商材を購入して、
自分なりに試行錯誤を繰り返しました。

そんなある日、1ドル79円の円高ピークをつけた2011年、
某輸入塾と出会いました。

これしかないと思いました。

 

順調に円高の波に乗り、半年ほどで250万を売り上げ、
私は有頂天になりました。

しかし、思ったよりも作業量が多く、徐々に競合も増え、
なかなか売上が上がらなくなりました。

ついに円安基調になり、売っても利益が出なくなりました。
そして、リーマンショックの影響で国内消費が大きく減速、全てが白紙となりました。

いま振り返ってみると、当時の私の失敗の原因が手に取るようにわかります。

 

私が学んだ多くの手法は、

-競合が多く、市場がすでに飽和しているため、後発組では利益が出ない。
-時間のないサラリーマンには、作業量が多く、実行できるものではない。
-仕入れの目利きなど、特殊な感性が必要とされる部分があり、素人にはとても真似が出来ない。

など、忙しく、時間の制約の大きいサラリーマンの私がどんなに頑張っても、
成果が出にくいものばかりだったのです。

 

私には、今でも思い出す場面があります。

連日の残業後、自宅近くのマクドナルドでコーヒーを買い、
夜中の2時まで起業準備をするという毎日を送っていました。

自宅では、起業に反対する家族の冷たい目もあり、作業がしづらかったのです。
その結果、睡眠時間は3時間程度で、常に寝不足でした。

 

ある日の朝、朦朧としながら会社への道を急いでいたところ、
一人の男性サラリーマンとぶつかりそうになりました。

すれ違いざま、そのサラリーマンの捨て台詞を聞いた私は、
反射的に相手を 追いかけ、肩に手をかけていました。
振り返った相手の男性の怯えた顔で、私は我にかえりました。

私は、その人以上に動揺していました。

これまで一度も暴力など振るったこともなかった
私のそのような行動に驚いたからです。

気持ちの余裕がなくなって暴力的になっていたのかも知れませんが、とにかくショックでした。
しかし、私は自分を責め、大きな罪悪感に苛まれました。

夢なんて見たところで、何も叶えることなどできないのではないか、
そう思うようになっていました。

そんなとき、今のAmazon輸出に出会ったのです。

 

「もしこれでうまく行かなければ、もう独立なんて考えるのはよそう」

 
これを最後のチャンスと思い、私は寝る間を惜しんで考え抜きました。
考えに考え、効率化に効率化をかさね、とうとう、
忙しいサラリーマンでも成果の出せる方法を編み出したのです。

 

私が構築したAmazon輸出ビジネスの特長をざっくりとおはなしすると・・・

というようになっています。

イメージまず、特筆すべきは米国Amazonの規模です。

参考までに楽天は年商約1兆円、Yahooは0.3兆円、ebayも年商1兆円ですが、

北米Amazonだけで、昨年の売り上げは年商7.7兆円以上あります。

年商7.7兆円というのは、国内アフィリエイト市場1700億円の実に45倍です。

情報商材市場規模200億円の実に385倍です。

見方を変えれば、大勢のアフィリエイター、
情報起業家がそんな小さい市場に群がって、
みんなで血みどろの戦いを繰り広げ、少しずつ利益を分けあっているのです。

さらに、言うまでもなく日本国内のアフィリエイター人口、
個人輸入業者の人口はこれだけの小さな市場でせめぎ合っています。

それに対し、年商7.7兆円もの米国Amazonは、
ありえない成長を続けています。

だからこそ、今からでも参入が可能なのです。

だから物販素人だった私でも売れたのです。

 

だからたった1年でシンガポール移住、
2年で年商5億、利益率30%を達成できたのです

イメージ

ですから当アカデミーの受講生全員が一斉に参入したところで全く問題ないでしょう。

北米Amazonには12億超とも言われる商品が登録されており、
そのうえ、毎日もの凄いスピードで新商品が増え続けています。

もちろん、皆が皆、「ポケ◯ン」「ト◯ロ」のような誰でも思いつく商品だけ扱うとしたら、
競争過多で売れなくなります。

ですが、Amazonのある特徴を徹底利用した、
業界最速ツール エクスタ!(ExportStar「輸出の星」の意)を使って、
たくさんの商品を登録すれば、広大な市場で、競合を避けつつ、
広く分散して販売することが出来ます。

なにしろ7.7兆円もの広大な市場ですから、
仮にAmazon輸出アカデミーの受講生が1000人参入したとしても、
影響はありません。

もちろん、全員が同じ商品だけを扱ったら、飽和しますが、 Amazonには無限に近い商品が登録されています。 。

 

ですから、影響など与えることすら出来ないでしょう。

 

しかし、参入者の数が少なければ少ないほど、受講生にとっては
様々な側面で利益となりますので、これを守るため、
少なくとも先行販売価格については
100名で締切り、その後大幅値上げをします。

 

また、受講を開始して頂いたらすぐに“エクスタ!”で商品を選定し、一括登録して頂きます。

このツールを使うことで、商品を1つずつ地道に登録している他のセラーからしたら、

そして、それだけどんどん月商が増えていきます。

景気の低迷した国内より、経済の回復した米国の市場で販売をする、 これだけで、ジリ貧の戦いから抜け出すことになります。

 

 

また最近は、一時的に円高が進行しているため、 「輸出は終わった、これからは輸入だ」という声も聞かれます。しかし、本当にそうなのでしょうか?

過去を見ると、円高は輸出に影響しますが、本当に考えなくてはならないのは、 販売する米国側の景気です。

実は、為替よりも、米国景気の動向が輸出量に影響を与えていることを見逃してはなりません。

この点、日本は低迷しているので、米国での消費数の方が圧倒的に大きい、というのが現実です。

 

 

残念ながら、日本経済は低迷、国の借金も返済不能なレベルに達しています。

もし、このままご自身の夢、将来を会社や国に頼ろうとしているのなら、 それころ、リスクが高いと言わざるを得ません。

 

 

では、米国Amazonでビジネスを開始するには、どれほどの資金が必要なのでしょうか?

どんなビジネスにも言えますが、先立つものがないと何も始められません。

しかし、実際に店舗を借りて何かを販売しようとすれば、
保証金やら運転資金やら数百万円が必要になるでしょう。

しかし、Amazon販売にそのような資金が必要ないことを皆さんはご存知でしょうか?

イメージAmazon販売において必要なのは、
月々たった数千円の利用料と、
売上の一部にかかる手数料だけ。

そのうえ、売上を受取る法人口座も
渡米することなく、格安でレンタルできます。
これらすべて、クレジットカードで支払うことが出来ます。

つまり、元手がなくても、ビジネスが始められるのです。

しかも、商品が売れた場合、
代金の回収は、約2週間ごと。

通常、クレジットカードで仕入ますから、代金支払いは、1ヶ月前後。
これにより、支払いよりも先に回収出来てしまうのです。

つまり、“運転資金が不要”なのです。

多くの成長企業が、運転資金の不足により倒産するという意外な事実を
骨身にしみて理解している元銀行員の私にとって、
“運転資金が要らない”というのは驚くべき出来事です。

しかも、支払いの半分の期間で代金が回収出来るということは、
実際は、2倍の資金力(キャッシュ・フロー)があるということ。

つまり、代金回収後、すぐに同じ金額仕入れられるため、
資金力の2倍分、仕入れられるということです。

これこそが数枚のクレジットカードしかなかった私が急速にビジネスを大きく出来た理由です。

さらに、この超短期回収の威力はこれにとどまりません。

むしろ、ここからがすごい。

イメージ半月毎に回収する代金は、当然利益分が増えているので、
このサイクルを繰り返すだけで、短期間でお金が増えていくのです。

仮に販売毎に10%の利益を得られるとすれば、
半月毎に10%複利で回る金融商品と同じこと。

計算上、1年ではナント800%以上に増えてしまうのです!

元手が5万円でスタートしても
1年後には元利合計45万円に。
50万円でスタートした場合、
1年後には元利合計4500万円になります。


金融商品に例えるのは私だけかも知れませんが、
これは、ありえないリターンの投資といえるでしょう。

まさに、あのアインシュタインが言う、

「『複利』は人類史上最大の発見」

を目の前で、短期間のうちに経験させられてしまうのです。

 

もし金融機関にいた頃、この話を聞いたとしたら、

「それは間違いなく詐欺ですね」

とそれ以上、この話を聞くことはなかったでしょう。(笑)
なぜなら、もっとも高い金利の定期預金ですら、年利1%も満たないのですから、
現実にそのような話が存在するとは、信じられないからです。

それくらい、Amazon輸出における資金効率はすごい。
まさに「金融マンがその存在を決して認めたくない驚くべきリターン」といえるでしょう。
Amazon輸出はこのような驚くべきリターンの複利機能もあると言えます。

 

 

そして、実際に注文が来たら、スマホなどで
その商品をワンクリックで仕入れてください。
(人差し指だけで、1分くらいで終わります)

商品が届いたら今度は梱包、海外発送、
お客様とのメールのやりとりになりますが、
実はAmazon輸出アカデミーでは・・・・

当アカデミーを受講していただいた方には、
私が自分で使うために作り上げたAmazonに特化した発送センターをお使い頂けます。

この都内にある海外発送センターには20名からのスタッフが常勤し、
365日、年末年始、祝祭日関係なく、配送業者からの荷物を受取り、毎日、迅速に海外発送を行っています。

通常の発送センターは、年末年始の休みで毎日発送出来ないことや、
地方にあって迅速な発送業務が出来ないことがありますが、
我々の海外発送センターをお使い頂く限り、そのような不便はありません。

Amazonはセラー(販売者)に対し、常にスピードを要求しています。
そのAmazonのリクエストに完全に応える形でこの海外発送センターは構築されました。

 

売れたあとはこの 海外発送センターが梱包・ 海外発送から
発送連絡(Amazonの画面から)までしてくれます。

この発送センターをご紹介する動画をご用意しました。こちらからご覧下さい。

また、通常、他の海外発送業者ですと、毎日数十個~100個以上売れていく商品に対して、入庫指示、発送指示を逐一登録する必要がある業者がほとんどです。 しかもその場合発送終了後に、セラーセントラルで1件1件注文内容を確認しながら「Confirm Shipment」のボタンをクリックするという手間が、毎日それなりにかかってきます。

イメージしかし今回アカデミーでご提供する海外発送センターであれば、その手間は一切ありません。

単に荷物をセンターまで送っていただければ、センターで「Confirm Shipment」のクリックまで全て行います。
入庫指示や発送指示の登録などの手間は一切ありません。あなたがやることは、荷物を発送センターに送りつけるだけでいいのです。スマホを使ってスキマ時間に片手でAmazonから商品を購入するだけで終わりです。わずか数クリックで完結します。これは大きな時間の節約になるはずです。

このおかげで、あなたは、一度も商品に手を触れることなく、
発送業務が完了してしまいます。

このため、日中、自宅にいない忙しい会社員や、
海外の会員さんにも、ご好評いただいています。

 

あとは月末に利益計算するだけ。

「あぁ、こんなのがたくさん売れるのか。というか、自分でこんなの販売していたんだ(笑)」

という感じになると思います。

是非この海外発送センターを使い倒して下さい。
料金も、破格の安値でご提供します。

あなたのスタッフとして、最大限尽くさせていただきます。

 

私がこれまで売ってきた商品をご紹介しましょう。
ちなみに、どれもツールで大量に出品していた商品のうちの1つであるため、
売れるまで自分が出品していたことにすら気付かなかった商品です。

あなたがやることは、商品選定ツールで商品を選定し、
海外Amazonに儲かる商品を自動登録していくだけ。

注文が入ったら、海外発送センターに商品を送りつけて下さい。

また、これらの商品を買っているのは実はアメリカ人だけではありません。
米国Amazonには世界中から注文が入ります。

そして、販売データを見ていて気付いたのですが、

イメージ世界中から注文が集まるのは、米国Amazonの
集客力というのもありますが、
それ以上に日本製の商品に対する世界からの
高い評価のおかげでしょう。

しかも、国内仕入れでは、不良品などほとんどなく、
先人が入念に張り巡らしてくれた物流システムのおかげで、
迅速に商品をお客さまにお届け出来ますから、
世界中のお客さんがこぞって買うのも当然です。

輸入ビジネスで、苦労して海外から商品を
取り寄せていた経験を持つ私だからこそ、
日本での仕入れのすばらしさを実感するのかもしれません。

実際のところ、海外から届く商品は、梱包が雑なのは当たり前、
中には商品が壊れていたり、そもそも届かなかったり、それはもう、
さまざまなトラブルにあいましたから。

 

このように一口に輸出ビジネスといっても、
あなたは、高品質の商品、迅速な海外発送サービスを実現した、
日本のすばらしさを強みとして、世界中のお客さんに商品を提供することになるのです。

さらに英語力はあまり問題ではありません。

私のノウハウを知る仲間の一人は
TOEIC250点程度の英語力しかありません。
英語アレルギーと言っても過言はないでしょう。

イメージしかし、そんな彼でも、英語でメールの返信を行っています。

そもそも、輸入ビジネスにおいてやり取りはほぼテンプレートで対処できてしまいます。

当アカデミーの中では、
様々なシーンで考えうる英語テンプレートを用意していますので
あなたのやる事といえば相手のメールをGoogle翻訳にかけ、
テンプレートをコピーして返信してあげるだけです。

テンプレートでは対応しきれない問合せに関しても、 格安の翻訳サービスがありますので、問題ありません。

 

どうですか?簡単ですよね?
まだ心配だという方のために、英語アレルギーの彼に、
体験談を書いてもらいましたので紹介します。

 

とにかく学生の頃から英語が苦手。
イヤイヤ受けさせられたTOEICは250点。990点満点なのに。


鉛筆転がしたって、
もっと取れるだろ、って!


英語教師だった父親の呆れた顔が目に浮かぶ。


絶対、見せたくない。こんな点数。
だから、道端で外国人が道に迷っていても、
助けたいのに泣く泣く見ないふり。。


…それくらいの英語アレルギー。


そんな私が海外輸出なんてムリ、、、そう思っていました。
あれから数年、仲間と始めたAmazon輸出。


今日も空き時間に米国Amazonのセラー画面を開く、、、
おお、また売れている!へぇ、こんなものが売れるのか~
と喜んでいるのも束の間、ゲッ、お客さんからメールが来てる。。。
“Where is my stuff?”
私のスタッフがどこかって?そんなのしらないよ。。
ちょっと不安になりながらも、深呼吸してGoogle翻訳で日本語訳をみてみる。
なんだ「私の商品はどこにありますか?」ってことね、それならわかるぞ。

過去に送ったメールのテンプレートにそんなのあったっけ。。
「商品がどこか」ってキーワードから、例文がすぐに見つかる。よかった。
テンプレートをコピー&ペーストして、お客さんの名前と日付部分を変えるだけ。

“Dear XXXX.Thank you for contacting us.
As we informed, We shipped the item you ordered on 1st March.
It is on passage and will be delivered in a few business days.
Thank you for your patient.”
(訳:XXX様
ご連絡をありがとうございます。すでにご通知している通り、
商品は3月1日に発送しました。
現在輸送中で、2、3営業日以内にお手元に届く予定です。
今しばらくお待ちください。)

これで安心。送信ボタンを押してコーヒーを飲んでいるともう返信が。。。

“Dear Seller. OK.I'll wait.Thanks. :)”

 ふぅ。テンプレートとGoogle翻訳があれば、何とかなるもんだなぁ。
しかも、Thanks.:)。ありがとうって。

なんだか嬉しくなる。


英語が苦手な自分が、海外相手に堂々と仕事をしているなんて、
なんだか夢心地だ。


でも、これってリアルな日常なんだよね、
そんな変化に今更ながら驚く。


映画が嫌いで嫌いでしょうがなかったあの頃の自分は、
こんな未来を想像してないんだよな。

そんな風に思う。

もちろん、英語教師だったオヤジだって。
Amazon輸出をきっかけに自分が世界を相手に仕事するようになって今、
夢がどんどん広がる。今後は欧州、中国、どんどんと広げて行きたい。


もちろん、Google翻訳とテンプレートは手放せないけど。
これがあればこの先も大丈夫だと思っています。

 

 

このように、外国語を駆使するスキルは全く関係ないのです。

言葉の壁が恐くて、
今までちっぽけな国内マーケットばかり相手していたの自分がバカみたいです。

Amazonの威力は想像以上に凄まじいものがあります。

 

Amazonの知名度と集客力が、
あなたの銀行口座に流し込む利益の怒濤の勢いを、
あなたもすぐに実感すると思います

イメージ

Amazonを使って世界中を相手にするから、いくらでも商品が登録できて、
いくらでも売れて、圧倒的にライバルが少ないのです。

しかも、Amazonでの販売方法は世界共通。

ですから、米国に慣れたあなたは、カナダなど
まったく同じ方法であなたのビジネスを拡大していくことが出来ます。

さらにAmazonは今も拡大を続けています。
今後は韓国などへ拡大していきますので、
あなたのビジネスチャンスはどんどん広がる一方です。

 

しかも、たったひとつのやり方を学ぶだけで。

 

そして、実は昨年に、ある会員制のコミュニティでごく限られた
メンバーにこのノウハウをお伝えし、既に成功者を輩出しています。

 

彼らの意見もまた参考にしていただけるかと思いますので、ご紹介しますね。

Amazon輸出を始めて、改めて感じたことは
「継続に勝るものはない」
ということです。

私は、もともと辛抱強い方ですし、結果が出るまでやり続けるので^^

自分を信じてやりきること、
自分が目指した結果は達成するまでやり続けること、
こういったことは重要です。

ビジネスはメンタルだなと本当に思いました。

結果、8月には月商150万円を達成

12月のクリスマスシーズンには月商750万円を達成

そして現在も売り上げは順調に伸び月商2000万円を達成しています。

やればできると再認識でき、さらに自分の可能性を感じさせてくれた
正田さんと、Amazon輸出ビジネスに出会えたことに感謝です。

正田さんを一言でいえば、「愛の戦士」って感じです。

以前、私の質問に対して直接、正田さんから電話が来たことを、
今でもよく覚えています。

正田さんから直に連絡が来るんだ。
しかも、私のあんなくだらない質問に対して・・・
(質問内容は内緒です。(笑))

 

穏やかな口調で、きちんと論理立ててわかりやすく、丁寧に説明していただきました。

「この人は信用できる」と思いました。

今後Amazon輸出アカデミーで楽しみにしていることは、やはりたくさんの仲間に出会えることです。

ネットビジネス全般に言えることですが、作業はとても孤独です。

来る日も来る日も作業、作業、作業・・・
孤独との戦いです。
肉体的にも、精神的にもしんどいと思います。

ビジネスですので、甘ったれたことを言うのはナンセンスですが・・・

きついですよね。

ですが、そんなとき、助けてくれるのは仲間だと思います。

Amazon輸出アカデミーではサポート体制がさらに充実すると聞いています。

ライバルであり、仲間であるみんなと切磋琢磨して一緒に楽しく稼いでいく。
とても素晴らしくないですか?

私にもできたのですから、あなたにもできるはず。
迷っているなら是非、一度試してみてはいかがでしょうか。

P.S.

新ツールも魅力的ですね。その効果を早く体験したいです。
早く開講しないかなと待ち遠しいですね。

 脳卒中後遺症で収入を失った方をネットビジネスで稼ぐようにできないものかと考えて、ここ2年くらい活動してきた中で、このアカデミーに出会いました。

これまで、
物販の経験はなかったのですが、
無在庫である点、集客の必要性がない点、
市場が巨大である点など多くのメリットを
感じて受講することを決意しました。

何にでも共通しているかも知れませんが、
最初は慣れないために
苦しみもありましたが、Skypeやメールによるサポートが丁寧でたすかりました。

私は、初めからこのAmazon輸出にかけていたのもありまして、
早々に会社法人を作ってしまいましたが、
それは非常に正解であったと今、思っています。

 正田さんは、温厚ですが熱いものを持った青年実業家ですね。メガバンクで鍛えられた豊富な知識と経験に基づいたしっかりとした理論を持たれているところが強みだと思います。我々受講生の悩みを親身になって考えてくれる頼り甲斐のある人です。

 近い将来、現在の月商を大きくしていくためにも、まずはアメリカに法人をつくりたいと考えています。

そして、このAmazon輸出アカデミーの特徴である、ツールの開発担当の柏木さんという参謀がいることも忘れてはなりません。どんどん進化していくツールも利益を上げていくには必須のアイテムの一つでしょう。

今後は、アメリカ合衆国のみならず、他国のAmazonにおいても商品が扱えるように頑張っていきたいと思っています。

現在は月商200万円程度ですが、早く月商1000万円に持っていきたいと思っていますし、これからは外注も考えていく必要があると思います。

今回のアカデミーでは、正田式ノウハウの実践者の中からサポーターが数名選ばれています。光栄にも私もそのメンバーに加えていただけましたので、私も微力ながら受講生の皆さんとともにAmazon輸出アカデミーがますます発展していけるように頑張りたいと思います。

仲間がいれば必ず成功できます。

Amazon輸出塾は多々あると思いますが、このAmazon輸出アカデミーに勝るものはないと確信する次第です。

実績を出せた私が自信を持って、受講をお勧めいたします。

実績:月商700万達成(1年)

Amazon輸出に取り組んだきっかけは何ですか?

リタイア後、何をしようかと考えていたのですよね。
最初は、資格でもとろうか、と思っていたのですが、
偶然、正田さんのAmazon輸出アカデミーに出会ったんです。
「ああ、この人は信用できるな」
とおもって、セミナーに参加しました。

結果はどうでしたか?

最高で、月に6万ドル(約700万)売れました。
でも、まだまだの部分もありますので、もっと頑張ります(笑)。

正田さんの印象は?

すごく真面目。
それに、コーチも絶品です。ですから、セミナー後は、
妻のテンションがあがってちょっと困ったりすることも(笑)。
しかし、自分だけでなく、他の人の成功を願う気持ちは、
我々をハッピーな気持ちしてくれています。
ただ、なんでも見抜かれているようで、怖いですが(笑)

Amazon輸出をやられる方に

自分で努力するのは当然ですが、
成功するまでの道のりをしっかりと提示してくれるので、
ここは助かります。我々も、1年経って、
やっと、年商1億のイメージがつくようになってきました。
真面目に取り組みたい方には、おすすめです。

私は2年前までサラリーマンをしていたのです。
20年勤めてそれなりのポジションにいたのですが、
「一度きりの人生このままでいいのか?この先20年この会社で働き続けるのか?」など
苦痛にも似た感情が抑えきれなくなり、複数のビジネスを開始しその後退社しました。

そして去年Amazon輸出に出会いました。
輸出には以前から興味があったのと円安の流れで迷うことなく入会しましたね。

 

「会社で頑張っても認められない、
報酬としてかえってこない」
こんな風に感じている方、
副業として始めるにはこのビジネスがベストだと思いますよ。


もちろんその後独立してタイムカードの無い生活も可能です。

正田さんは非常に頭が良く、親しみやすい方だと思います。
私が勝手に思っているだけですが、距離感が近い感じがするのです。
伝えにくいですが何となく分かるじゃないですか人柄って、
人としてとても魅力があると思いますよ。

そして、今後はなんといっても新しいツールが楽しみですね。
登録商品数増加、利益率の向上、キャンセル率の低減など
より良くなる事間違いないと思っています。

柏木さんですもん、当然ですよね。

あとチャットワークやSNSなど、
私たちサポートメンバーを含め受講生同士が交流する場が増えるので、
相談や情報交換、刺激し合いながら前進できるのがいいですね。

本当にワクワクしてます、皆さんと楽しく成長していきたいです。

会社員を退職し、現在はebay、
Amazonのプラットフォームで
海外のバイヤーさんへ商品を
提供するビジネスに奮闘のものです。

Amazon輸出については全く無知でしたが、
そのような状態から
でもスタートする為に必要な物が
全て揃っており、手順に従って
迷うことなく進めることが出来ました。

また既に携わっていたebayでの
中古カメラ販売で手間がかかって
おり、なるべく手間をかけずに
Amazon輸出を進めたいと思っていた
私にピッタリな優れもののツールが用意されており、
ebayをやりながらでも同時に進めることが可能となり、とても助かっています。

また惜しみない人的なサポート体制は初めての
物事を進めるに当ってはとても心強く、大変にお世話になりました
(というより今でもお世話になっています^^)

Amazon輸出をこれから始めたい、また始めたがうまくいかないと思っている方にはどこのスクールよりも是非お薦めしたい!という思いで一杯です^^

 

正田さんは頭がよく様々な経験を積まれている方であることはプロフィールなどで確認出来る通りですが、そのような「出来る方」であるにもかかわらず(という言い方が適切か分かりませんが)とても誠実で、損得のソロバンを弾かずに人に与えることにとても熱心な方であると思います。

その正田さんを支える柏木さんも同様の方で、2人に糾合された集まりは素晴らしい方が多く、これもアカデミーをとても魅力的なものにしている一面だと思います。

まず第一に優れもののツールが更にパワーアップして、他には絶対にない素晴らしいレベルへと進化している点です!

更にそれだけではなく新しいツールもリリースされ、ここはどんどんヴァージョンアップを重ねていくと思いますので、今後においてもとても楽しみです^^

またサポート体制も更に手厚くなり、特にコミュニケーションを重視して設計されていますので、正田さんを中心にしたコミュニティが更に密接に盛り上がることをとても楽しみにしています^^

Amazon輸出アカデミーで学べるビジネスモデルは、シンプルかつ美しいです。

ここまでリスクが低いネットビジネスは他に無いのではないでしょうか?
ノウハウに沿って作業を進めていけば利益が出る仕組みが出来上がっています

特別なスキルやバックグラウンドは必要ありません。
必要なことはアカデミーのコンテンツがしっかりカバーしてくれます。

あえて挙げるなら「継続する力」が一番役に立つと思います。

副業でもちゃんと成果を上げることができます。

現に私はサラリーマンで平日は朝8時~夜9時頃まで忙しく働いておりますが、
その傍らでアカデミーのノウハウを地道に続けることによって、
スタートから1年で一般的なサラリーマンの月収以上を稼ぐことができています。

もちろん努力は必要ですが、1日に費やせる時間は少なくても、継続的に取組めば十分成果を出せます。

ツールは素晴らしいの一言です。
ビジネスモデルとツールが一心同体になっています。
必要な機能と欲しい機能がバッチリ揃っています。

しかも日々進化を続けていてどんどん凄いツールになってますね(笑)

「頑張った分」きちんと成果が出る稼ぎ方だと思います。

正田さんは、とても爽やかな人柄とクールな頭脳を併せ持った紳士です。
受講生一人一人の状況や悩みを汲み取って、いつも暖かな笑顔で迎えてくれます。
私が困ってSkype相談するたびに、いつも的確なアドバイスをくれるので、
「あ、ここを改善すれば大丈夫なんだ」
と安心して次の作業に取り掛かることができます。

仲間や受講生と一緒にビジネスを成長させることに熱い思いを持った情熱家ですね。

今後、他では絶対に真似できないものを提供してくれるのでは?と期待しています。
圧倒的なノウハウとツールは今から楽しみです。

私のようなサラリーマンが遠くない将来に毎朝の満員電車から解放され、
独立してビジネスを立ち上げるまでの道筋がちゃんと用意されています。

またSNSやセミナーを通じて仲間同士の交流が盛んになることも楽しみです。
ネットビジネスは仲間との繋がりをベースに継続することこそが成功のカギだと思っています。一緒にがんばりましょう!

AKIMASAです。

現在、サラリーマンでエンジニアをやっています。
副業禁止の会社でAmazon輸出をやっているため
本名ではなくAKIMASAと名乗らせて頂きます。

Amazon輸出で成果を出したことで、シンガポールのマリーナベイサンズで休日を優雅に過ごすことができました。

私は、サラリーマンの給料だけに依存した自分の将来に不安を覚え、
たくさんの塾やスクールに大枚をはたいて参加してきました。(約150万円)
情報業界ではトップクラスの人の塾など計5つの塾、スクールに入りましたが、
塾代金をペイできる内容のものはありませんでした。(自分の力量不足ですが。。。)

しかし、Amazon輸出では簡単に結果がでました。
それには理由があります。

アメリカ人は物を買いまくるのです!

今から始めて12月のホリデーシーズンまで諦めずに続けていれば、
ほぼ間違いなく月商100万円を超えてしまいます。

正田さんはそのノウハウを丁寧かつスマートに教えてくれました。
月商100万円オーバーを体験するだけでも人生変わります。

お陰様で、サラリーマンの給料だけでは滅多に体験出来ない様な
豪華なシンガポール旅行にも行けました。

今の給料にプラスαがあるだけで生活は大きく変わりますね!

色々な塾やスクールを経験している私が唯一、今回受講料金をペイできました。

正田さんは笑顔が素敵な方です。
性格は顔に現れると言いますが、受講生のことを大切に思って下さる方です。

 

どこかの塾とは違い、先生という権限を振りかざして威張りながら教えるのではなく、常に物腰柔らかな対応をして下さり、生徒としても非常に親しみを感じられる方です。

他の塾と比べて怯えながら質問することなく、学ぶ側に非常にいい環境を提供してくれます。

アカデミーでは専用SNSやチャットワークを利用して進めていきますので、
情報の共有が密にでき、良い情報も悪い情報もいち早く知ることができます。

その為、リスクを最小限に進めていけますので、大変魅力的です。

インターネットには載っていない生ノウハウが学べるのは大きいですね!

また、過去、正田さんのノウハウを実践し結果を出した先輩方がサポーターとしてつくので、サポート体制は日本一の輸出スクールといっても過言ではありません。

みんなで情報を共有しながら、モチベーションを上げて稼ぐ。
これはとっても楽しみですね!!

以上が、既にAmazon輸出アカデミーで成果を出した実践者の皆様のお話になります。

では、今後あなたが同じように成功するには、
どのようにAmazon輸出を実践していけば良いのでしょうか。

 

私がAmazon輸出を始めた約2年前。
在庫の登録数が数百もあれば、毎日数個売れていました。

これだけで、売上100万/月、利益率10%取れましたので、
今から思えば、とてもいい時代だったと言えます。

しかし、この後、多くのAmazon輸出に関する書籍やセミナー、
塾が出現したことから、たくさんの方々がAmazon輸出に殺到し、
状況は少しずつ変わってきました。

 

イメージ同じ商品を売るセラーが急増したことから、さすがに価格競争が進み、
なかなか売れにくい状況となってしまったのです。

 

通常、商品の選定にはそれなりの手間がかかりますが、
手作業で商品選定を行っていた方の多くは、
商品がなかなか売れないという環境のなか、
作業疲れで脱落していくことになります。

 

また、お金を払って商品選定を行う市販ツールや
在庫リストの販売サービスを利用した方々も、
実際に売れるまでに時間がかかるため、登録した商品の在庫や価格が変動し、
やっと売れても赤字となるケースが出てきました。

 

しかし、Amazon輸出アカデミーの受講生たちは、このような市場環境の変化にもかかわらず、一貫して、売上、利益率を向上させて続けることが出来ています。
それはなぜか?
それは、Amazon輸出アカデミーには以下の特長があるからです。

 

■ツールの圧倒的な優位性を確立し、効率化を極めていること。
■仕組み、制度を利用し利益を積み上げるノウハウがあること。
■専門家や仲間と取り組む、挫折しないサポート体制があること。

 

では、具体的に説明します。

売るためにはまず、売れる商品の大量登録が不可欠です。

そこで、私は「エクスタ!」という強力なツールを開発しました。
この名称の由来はExportのStarになろう!という意味です。

直訳すると「輸出の星になろう!」という感じです。

このエクスタの使用方法について、
動画を作成しましたのでご覧下さい。

「エクスタ!」は3つの強力な機能であなたのAmazon輸出をサポートします。

 

・機能その1:カンタン作業の“商品選定”機能

私がAmazon輸出ビジネスを始めた頃は、商品1つ1つに対して、日米アマゾンそれぞれのページにアクセスし、価格を見比べ、利益のでる商品だけをエクセルにまとめて出品作業を行っていました。

それでも当時であれば何とか月商100万円ほどは稼げましたが、今思うと、よくこんな大変なことをしていたなと思います。

イメージAmazon輸出アカデミーの受講生には、このような苦労は一切させません。
商品選定ツールをご提供しますので、これを使い倒してください。商品選定ツールさえあれば、体力勝負の世界から完全に完全に開放されます。

商品選定ツールに、検索キーワードや検索カテゴリーなど、ごくわずかな項目にコピペやドロップダウンからの選択で入力(検索1回あたり数秒でできます)をすれば作業完了です。条件に合致した商品データを、Amazonに登録出来る形のファイルでダウンロードできます。改めてエクセルにまとめる必要も、Amazonに登録出来る形に編集する必要も皆無です。そのままAmazon販売者用の管理画面からアップロードしてください。
慣れた方は、この機能で1日に数千件もの売れる商品を見つけています。私自身、わずか1時間で2万件の商品を登録したこともあります。
私が商品選定の大きく成功する最大のきっかけとなったツールです。あなたにとって極めて強力な武器になることは間違いありません。
ぜひ、皆さんも商品選定機能で、売れる商品をどんどん登録して下さい!

・機能その2:業界最速の“在庫管理”機能

Amazonパワーセラー(大きな売上をあげるセラー)の悩みは、売れないことではなく「在庫情報を日々、更新していくこと」だということはご存知でしょうか?

実は、商品をたくさん登録するだけではダメなのです。

商品を登録したら、商品情報(価格、在庫数)を更新する必要があります。
そうしないと、カンタンに赤字、欠品というトラブルが発生してしまうのです。

多くの書籍やノウハウでは、この事実が強調されることが少ないのが意外ですが、我々はむしろ、この在庫管理こそが、Amazon輸出のキモだと考えています。

しかし、市販のツールでは、この機能自体あまりないですし、あったとしても、更新スピードが遅い。。。我々が当初使っていた市販ツールは、売上100万になったころの在庫数で、なんと3日もかかってしまいました。。。

イメージこれに対し、“エクスタ!”であれば、在庫数10万件の在庫価格調整でもわずか数分程度で完了させることのできる、圧倒的な速度を誇ります。

 

これを使えば、在庫数が100万件だろうと200万件だろうと全く問題ありません。

また、エクスタ!を使わずに在庫数10万件以上を管理することは、実質不可能といっていいのではないでしょうか。エクスタ!は、無在庫型Amazon輸出で勝っていくためには必須のツールと言えます。

是非エクスタを使い倒し、悠々自適に稼いでいきましょう。

・機能その3:日本郵便ラベル印刷

発送業務を、発送センターを使わずに、ご自身で行う際、最も労力がかかるのは、発送ラベルの作成です。エクスタを使えば、Amazonから販売者の名前や住所情報をインポートし、自動で発送ラベルを印刷できますので、作業効率を大きく高めます。これも他社様のツールを使うと、一般的に月額10000円程度かかるものですが、これをご提供致します。

 いかがでしょうか?

この強力無比な3機能を備えた“エクスタ!”があれば、
あなたのAmazon輸出の非効率作業は激減し、売上をあげるための準備が整います。

しかも、“エクスタ!”はまだまだ発展途上、
今後も新しい機能がどんどん追加されていきます!

 

我々が薄利多売と言われる、Amazon輸出において、
利益率を30%にまで高めることが出来たのは、目利きによって、
特定の儲かる商品を見つけることが出来たからでしょうか?
それとも、大量仕入れによる値引きを実現しているからでしょうか?

 

いいえ、いずれも違います。

イメージ我々の利益率の高さは、さまざまな仕入れと、中間コストの削減、
そして、輸出に有利な制度などを極限まで活用することが出来たからに他なりません。

もちろん、このような仕組み作りは素人がカンタンに手を出すには難しいものです。
しかし、Amazon輸出アカデミーでは、これらの仕組み、
制度を十分に活用するための専門家チームが在籍しています。

これらの専門家チームを使って、これで一切の不安を感じることなく、
Amazon輸出を使って稼ぐ仕組みを構築して下さい。

 

最初、我々は、ノウハウを提示しさえすれば、
誰もが我々と変わらない成果を出せるものと思っていました。

しかし、現実は違いました。確実に成果が出るノウハウを提示しても、
やって頂いていない会員さんがまだまだ多かったのです。

私達は自問しました。

 

「なぜやっていただけないのか?」
「この通りにやれば成果が出るのに、なぜ」と。

歯がゆい思いでノウハウをお伝えしていたある日、
会員の方との会話で気付いたのです。

 

イメージ「わかりますけど、一人だと間違いそうで、怖いです」
「頑張らなきゃ、って思うのですが、どうしてもやる気が失せて、、、」

私はようやく気づきました。
誰もが初めてのことにトライするのは不安。

私だってそうだったのです。

最初は知識が少なく、気持ちも不安だったからこそ、
バカにされないよう、恐る恐る税理士などの
専門家に意見を求め、少しずつ課題をクリアして
いったことを思い出しました。

税理士については、4人も変えて、自分にあった税理士を選ぶことが出来たことを。

なのに、自分がクリアしてしたら、
さもカンタンなことにように「やってください」と指導していた。

この無神経さにやっと気づきました。

通常、Amazon輸出に関する書籍やセミナーでは
Amazon以外の専門分野は自分で専門家の方々に聞いて
クリアすべき課題と位置づけられています。

しかし、実際は、多くの方がこのような専門家との
相談が出来ずに困っているのです。

誰だって、訳知り顔の先生に「あんた、こんなことも知らないの?」なんて
聞かれたら嫌ですから。

 

そこで私は決断しました。
「自分がこれまで培ってきたAmazon輸出の専門家とのつながりをご紹介し、一緒に成長しよう」と。

だからこそ、Amazon輸出アカデミーでは、
Amazon輸出に詳しいそれぞれの専門家をサポートチームにお迎えし、
誰もが気楽に質問出来るようにしています。

 

・税理士:自らもAmazon輸出に取り組む税務アドバイザー
・郵便局員:海外転売に精通している国際郵便のプロ
・サポーター:皆さんの先輩で、成果をあげているAmazon輸出実践者達
・デザインチーム:ショップロゴを制作するデザインチーム
・米国法人設立代行エージェント:米国法人口座開設までサポートする辣腕エージェント

 

イメージこれら、Amazon輸出を理解し、
その専門知識を皆さんのために駆使するプロフェッショナル。

それが、Amazon輸出アカデミーの誇る強力なサポート組織です。

彼らの存在は、Amazon輸出の課題に直面したとき、
実務面でも、精神面でも、大きな支えになることは間違いありません。

心身ともにあなたを支援する充実のコミュニティ

これだけのノウハウと仕組みを駆使すれば、誰もが成功間違いなし、
とお思いになりますよね。

でも、実際はそうではありません。

正しいノウハウやツールがあっても、それを使うのは心を持った人間。

なかなかスムーズに事が進まないと、どうしても、
あんなに高かったやる気が失せてしまうことや、
一時的にモチベーションが下がることはどうしても避けられません。

 

事実、過去の会員さんのすべてがうまく行ったわけではありません。

残念ながら、これは事実です。
では、なぜ、うまくいく人と、うまくいかない人が存在するのでしょうか?

それは、ネットビジネスは、孤独との戦いにほかならない。

この戦いに勝利出来る人はいいのですが、そんなに人間は強くないもの。
だからこそ、一緒に頑張れる仲間が必要なのです。

成功する人たちは一緒に成功し、失敗する人たちは一緒に失敗する、
このことはよく語られるので、聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

だからこそ、Amazon輸出アカデミーでは、充実のコミュニティを提供します。

もう、独りじゃない。仲間と成功するコミュニティ

Amazon輸出アカデミーでは、3つのプラットフォームが
あなたと一緒に成功するコミュニティを形成し、挫折しない、
学習環境を提供しています。

コミュニティその1:ノウハウが凝縮された“Amazon輸出ライブラリー”

イメージAmazon輸出アカデミーには、教材やAmazonの最新情報を網羅した、 Amazon輸出ライブラリー(公式サイト)があります。

ここでは、

1. これまでに蓄積されたAmazon輸出に関するマニュアル(テキスト、動画)

2. 過去に配信した重要なメール

3. 新しい英語テンプレート

4. よくある質問(FAQ)

といった、最新情報が逐次、追加されていきます。

この Amazon輸出ライブラリーだけ見ていれば、様々なサイトや過去のメールを総ざらいして、あなたの貴重な時間を無駄にすることはありません。 Amazon輸出ライブラリーをチェックして、Amazon輸出に関するノウハウを一気に吸収することが出来ます。

コミュニティその2:すぐに回答が届く“専用グループチャット”

Amazon輸出アカデミーには、「わからないことを気軽に聞ける」「すぐに回答がある」グループチャットルームがあります。

イメージこのグループチャットでは、 カンタンに質問が
出来るだけでなく、過去の質問 もすべて履歴として
確認出来るので、それまで自分が何を
質問して きたのか、誰が何を回答したのか、
ひと目で確認出来ます。

そして、グループチャットですので、同じグループの
受講生の疑問やその回答も共有することができます。


あなた1人で講師・サポーターとやり取りするより、
何倍も効率よく情報を得ることが可能なばかりか、
一人で作業する孤独感を助ける役割も果たします。

回答してくれるのは、複数の専門家やサポーターたちです。
まさに、この専用チャットルームはあなたの成長の記録
そのものとなるでしょう。

メールのやりとりによる質問・回答では、このような継続的な履歴の一覧を見ることは難しく、
過去のやりとりの確認に時間がかかってしまいますが、専用グループチャットなら、
このようなすれ違いはありません。Amazon輸出アカデミーの専用グループチャットで、
ご自身の学習を加速させて下さい。

コミュニティその3:仲間と出会う“専用SNS

正しいノウハウや教材さえあれば、それらを駆使して、Amazon輸出を成功に道引くことが出来るでしょうか?

確かにそのような方もいらっしゃいます。しかし、誰もがそのように 強いわけではありません。時には愚痴を言ったり、 褒めて もらいたい。それが人間というものです。あなたの心の声を聞いてくれる 相手が いればこそ、困難 だって乗り越えられる、これは、皆さんにも 想像出来るでしょう。

Amazon輸出アカデミーでは、仲間と出会うことの出来る、専用SNSがあります。

ここでは、自己紹介から、決意表明、グチや悩みといったことを気軽に 吐き出しても聞いてくれる、信頼のおける仲間があなたを待っています。

同じ志を持つ仲間にだからこそ、会社の同僚や、友達には話せないことも気軽に話し、互いに励まし合い、成長することが出来る のです。 何でも話せる、安全な環境がここにはあります。そう、Amazon輸出アカデミーでは、あなたはもう孤独感を感じることはないのです !

我々が成果を上げることの出来た3つのポイントをもう一度まとめます。

■ツールの圧倒的な優位性を確立し、効率化を極める
■仕組み、制度を利用し利益を積み上げるノウハウ
■専門家や仲間と取り組む、挫折しないサポート体制

Amazon輸出アカデミーでは、これらをすべてお使い頂けます。

さらに、Amazon輸出アカデミーではスムーズにビジネスを立ち上げていただけるよう、
ノウハウの基礎の基礎から徹底解説した教材をご用意しました。

その内容をご紹介しますと・・・

 


提供形式:PDF&動画ファイル

こちらは教材の本編になります。
どなたでもすぐにマスターして頂けるように、
丁寧に図解致します。

①考え方、ロードマップ
②在庫を増やす、メンテナンスする
③“エクスタ!”の使い方
  1.商品選定:カテゴリー毎に売れる商品を大量に取得する
  2.在庫管理:大量の在庫情報(価格、在庫)を
       スピード更新
  3.日本郵便ラベル印刷:Amazonから注文情報をインポートし、
   日本郵便のラベルを印刷できます。

④販売の方法(商品登録、送料設定等)
⑤仕入れの方法(Amazon仕入れ、他)
⑥商品発送の方法
  1.自宅から発送する場合
  2.発送代行センターを利用する場合

⑦利益計算(仕入れ、販売価格、経費等)
  1.販売毎の管理方法
  2.月次管理のすすめ
  3.決算期にやるべきこと

⑧コミュニケーション
  1.Amazonとの付き合い方
  2.お客様とのメールのやりとり

⑨利益の積み上げ方(仕入れ、中間コスト削減、制度の利用)
⑩制限カテゴリーの攻略方法
⑪外注化の進め方
  1.商品選定を外注する
  2.その他の外注方法

⑫米国Amazon以外の市場を攻略する
⑬英語テンプレート(100例)
⑭個人事業化、法人設立の方法
⑮FBAの使い方

 

また、下記の内容については動画でご提供します。

・過去セミナー(これまでの振り返り)
・作業マニュアル(Amazon、ペイオニア等)
・緊急のお知らせ(適宜)

 




Amazon輸出アカデミー受講生は、
物販において最も面倒な梱包・伝票の作成の
必要は一切ありません。

商品を実際に手にすることすらなく、
直接私がご用意し、極限まで効率化を進めた
「発送センター」に送りつけていただければと
思います。

発送代行センターの詳細については、下記をご覧下さい。


・ご利用料金:代行1件につき、300円(送料実費別、EMSは10%値引き)
・サービス内容:商品受取、検品、納品書、宛名書き、税関資料の作成、FBA
・営業時間等:年中無休、12:00~20:00まで電話応対可

 


Amazon輸出アカデミー2期では、下記のサポートをご用意しています。

〇専門家集団やサポーターによる、8ヶ月間専用グループチャットでの回数無制限サポート

〇毎月最大1回、期間中最大5回までのサポーターとのスカイプ通話サポート

Amazon輸出アカデミーのサポーターは、それぞれ高い実績をあげているだけではなく、個性豊かで魅力的な方々が揃っています。その中で、あなたの個性にあったサポーターが必ず見つかりますので、困ったときにはサポーターの力を得ながら、スムーズに成功していってくださいね。 サポーターの助けは、あなたが成功していく上で非常に重要な役割を果たすはずです。

その他専門家集団のサポートをまとめますと・・・

・全般サポート(Amazon輸出全般:サポーター8ヶ月)
・技術サポート(PCの使い方等、技術スタッフによる回答、8ヶ月)
・税務サポート(Amazon税務、税理士、8ヶ月、※回数制限あり)
・ショップロゴ制作(売れるショップロゴデザイン、専属デザイナー、※有料)
・米国法人設立代行エージェント(米国法人口座開設までサポートする辣腕エージェントをご紹介します。)

 

 

隔月で、Amazon輸出の最新情報やライバルの動向などについて解説する、セミナーを、東京と大阪にて受講期間中それぞれ4回開催します。

セミナーの後には、懇親会を行い、受講生同士の絆を深めて頂きます。

成功に最も必要なものは、モチベーションの維持です。

ところが、孤独な作業を繰り返すばかりでは、人間はどうしてもモチベーションを高めることは出来ません。こういったセミナーや懇親会で知り合った、お互いに高め合える仲間達の存在こそ、あなたの成功率を最も高めるといえるのではないでしょうか。

たとえば、7月のセミナーではお互いまだ何も始めていない状態で、

「お互い本業も忙しくなかなか実践できませんね。」

などと話している仲だったのに、9月にもう一度話をしてみたら相手は月商100万以上稼ぎ、大きく差をつけられていた、という話をよく聞きます。その出来事が刺激になり一心不乱に頑張れたので、その後一気に成功出来てしまうケースが多いようです。

ですので、セミナーにはできる限りご参加いただければと思います。ぜひセミナーであなたとお話出来るのを楽しみにしていますね。

※東京と大阪で開催します。それぞれの月ごとに、東京・大阪いずれか片方のみご参加いただけます。
※開催月は、7月、9月、11月、1月を予定しております。詳しい日程は決定し次第御連絡します。
※お席の数に限りがある都合上、セミナー・懇親会にはお一人様のみご参加いただけます。
※セミナーにご参加頂けない方には、後日セミナーの様子を撮影した動画をご案内致します。これまで受講生の中には遠方の方など、普段セミナーにはなかなか参加出来ないという方も多数成果をあげていますのでご安心いただければと思いますが、是非期間中一度はご参加いただけると大きな刺激になるかなと思います。また、仲間との交流はSNSなどの手段もございますので、そちらもあわせてご活用ください。

イメージ


受講期間中、Facebookの非公開ページを使う形で、塾生同士およびサポーターとの交流をはかっていただけます。 作業中、1人で作業していて不安な時など、このSNSの存在は大きな励みになるはずです。

 

 

Amazon輸出アカデミー2期でご提供するものは以上です。

私が勝ち抜いてくることの出来た秘訣を、これらの教材・専門家集団などによる圧倒的サポート・代行センターやツールを通じて、全てご提供致します。

以上の内容により、Amazon輸出において初心者がハードルに感じられる事は、全て解決出来ています。

初心者が最も感じる悩みは「英語ができない」ですが、
Amazon輸出アカデミー2期では英文テンプレートをお渡ししますし、サポーターからもアドバイス致します。


税金に関する問題は、Amazon輸出に精通したプロの税理士がサポートします。

イメージさらに、特に初めの売り上げが発生するまで「モチベーションがもたない」
という方が多いのですが、SNSにおいて塾生同士交流することで、
この問題も解決出来るはずです。

 

また、毎月の勉強会に参加していただければ、モチベーションを保ち続けられるはずと確信しています。

あなたが成功するために必要なものは、全てご用意しました。

 

イメージあなたにも同じように勝ち抜いて行けるイメージが出来たのではないでしょうか?
あなたのご参加をお待ちしています。

 

 

では、一体、Amazon輸出アカデミーが考える、
Amazon輸出とは一体何なのでしょうか?単なる国際せどりでしょうか?
それとも、小遣い稼ぎの手段の一種なのでしょうか?

いえ、違います。我々の考えるAmazon輸出とは、

 

・日米の価格差を利用した、価格アービトラージ
・日米の制度のメリットだけを統合した、制度アービトラージ
・個人とビジネスのメリットを融合した、資本アービトラージ

 

という、異なる3つ を統合した、本物のビジネスプラットフォームなのです。

価格差を利用しただけのビジネスモデルは多くありますが、
このように異なる 観点の アービトラージを 統合した
ビジネスプラットフォームは他にないでしょう。

つまり、本物のビジネスプラットフォームであると言えます。

 

ここまで読まれた方は、

「では、なぜこのようなノウハウを公開するのか?」
「自分たちだけでやった方がいいじゃないか」

とお思いになる方もいらっしゃるかも知れません。

確かにそのようなご意見を頂いたこともありますし、
実際にそうしたほうがいいと思ったこともあります。

しかし、我々は自分たちの経験を通じて確信した、 信念があります。

「サイエンスとアートを融合し、誰もが自分らしく、
精神的・経済的に自立し、誇りを持って生きることが出来るよう、
支援する」(一般社団法人フェニックフループ、設立理念)

イメージ我々は、 このように 、自分の信じる理念を実現すべく、
わざわざ社団法人を設立し、このAmazon輸出アカデミーを運営しているのです。

幸い、既に私のノウハウ 実践者の中から、
多くの成功者を輩出することが出来ました。

 

そして、我々自身も、
それまでをはるかに上回る成長を遂げることが出来たのです。

ノウハウを独り占めせず、仲間と一緒に取り組むことで、
我々の知識と経験は加速度的に向上したことから、
「自分だけ稼ぐ」ということがいかに非効率なのかを知ることになりました。

 

まさに、「成功する鳥は群れをなして飛ぶ」という格言を
自分達の経験を 通じて知ることが出来たのです。

イメージ

ただし、受講に際して、以下の方はお断りします。

 

・人任せで、自分で調べず、成長 したくない方
・私の指導を素直に聞き入れてくれない方
・ノウハウだけを収集し、全く作業をしない方
・英語でメールが来ると投げ出してしまう方
・私のノウハウの粗探しをする方

 

偉そうな言い方になるかも知れませんが、本当にやる気のある人だけに、
素直に私と仲間がつくったこのノウハウを理解し、
実践してくれる人だけに参加してほしいと 思っています。

ここまでお話した内容は、たった2年の間に実際に我々の身に起こったことです。

イメージ 会社を退職し、何で食べていくか、まったく暗中模索の状態だった私が、
仲間と作り上げ、会員の方々と切磋琢磨して成長してきた、、、
そのような物語 とも言えるでしょう。

 

 

そして、この物語は、あなたの物語でもあるかもしれない。

 

 

ここまでの内容を読み続け、何かを感じて下さったあなたにとって、
Amazon輸出アカデミーは、あなたの人生を変える扉なのかも知れません。

実際、手を伸ばしてご自身の人生を変えたいと思っていないなら、
このページに到達することもなかったはず。

かつて、 T型フォードを作った、 ヘンリー・フォードは、

 

「本人ができると思えばできる。できないと思えばできない。
どちらにしてもその人が思ったことは正しい。」

 

と言ったそうです。

そう、いずれの選択をしても、あなたは正しいのです。

あとは、どの選択をするか。

だからこそ、人生を変えたいと願い、
Amazon輸出をそのきっかけと感じて下さったあなたにこそ、
我々と共に切磋琢磨し、ビジネスを成功させ、
これまでの苦難すら「すべて正しい選択だった」と感じられるよう、
頑張って頂きたいのです。

 

私は正田式Amazon輸出アカデミーを私の名前を冠して開催する以上、
そのような切なる想いを持つ、 すべての方に成功してほしいと願っています。

Amazon輸出をマスターしたあなたを想像してみてください。

会社に依存せず、収入がどんどん増えていき、あなたとあなたの
家族に余裕が生まれ、欲しかったものが次々と手に入ることで、
これまでになく、自信がみなぎるようになります。

 

この状況を手に入れる対価は、
一体、いくら が"正しい感覚"といえるでしょうか?

 
私ならいくらでも払う・・といいたいところですが、
普通は相場に照らし合わせて判断すべきです。

今回は 単なるノウハウの提供だけでなく、
サポート体制、数多くのスタッフの手間や
お伝えする価値を考えると、通常こういった
コンサルティング業務は100万円以上の料金を
請求するのが相場でしょう。

 

また業界屈指のツール“エクスタ!”、
さらに業界最安値といえる海外発送センターを
構築するとなれば、
どんなに安くても更に数百万は下りません。

 

つまり最低でも200万円が
妥当な対価ということになるでしょうか?

 
すでにご紹介した過去の実践者のように、
約1年で月商数百万から、場合によっては月商数千万円程度を売り上げることは十分、
現実的な目標ですし 、ビジネスそのものを運営する
力があなたに備わることは、
利益以上の価値があると言えます。

実際に収入が 流れ込み、ビジネスを 運営すること
を体感するようになれば、この投資が間違っていないことは、
すぐにご理解頂ける と思います。

ただ、これでも 、一般のサラリーマンの方からすれば、
大金。そう考え、価格の見直しをしました。

 

価格を半分の100万円にしようと。

 

これはもう、破格の安値と思います。
この価格で、1年前の私なら、すぐに支払うでしょう。
なぜなら、これだけのビジネスプラットフォームや、
さらにツールを開発し、海外発送 センターまでご利用頂けるのですから。

でも、 さらに考え直したのです。

もし、破格とはいえ、100万円が用意できないばかりに、
受講して頂けないことがあったら、と・・・

 

そのようなとき、シンガポールで知り合った華僑の方と、
ビジネスと運との関係について話している時、ふと思い出しました。

私はかつて上司から、

「仕事はつまらないから こそ、お金がもらえるものだ」
「辛くても頑張ってさえいれば、誰かが見ていて、いつかいいことが起こる」

そのように言われて、長年、頑張って来たこと
そして、誰も見てくれているはずもなく、結局は、
何も変わらなかった長すぎる日々について。

 

そして、思いました。

 

上司に同じように言われて、一日一日を頑張っているあなたにも、
私が手に入れたこの幸運を提供する必要があるのではないか、と。

そして、“誰もが自分らしく、経済的、精神的に自立し、
世界を相手にビジネスを展開出来る世の中を実現する”ために設立した社団法人の理念を。

もし、少しでも安く受講していただく事で、
あなたに成功していただく事ができたら、
私にとってこの上ない財産になるのではないか・・・

 

あなたにも決断して頂く以上、
もう私はここで銀行を退職したとき以上の決断をしましょう。

金額を298,000円とします。

 

 
今回のノウハウやツールは、
10年に1回あるかないかのシンプルで美しいノウハウだと思います。

しかもまだほとんど知られていないうちに出会うとなると、
あなたの人生の中でもう2度とないチャンスかもしれません。

あなたのすぐ目の前で、このチャンスがあなたを待っています。
しかし、これをチャンスと捉えて選択をするのは、私ではありません。

 

ほかならぬ、“あなた”なのです。

私が成功に必要と考えるものは、全て用意しました。

次は、あなたが選択する番です。

もしあなたがAmazon輸出アカデミー2期に参加し、
ご自身の成功物語を歩み出すことを決断するなら、私はとことん、サポートします。

 

そして、Amazon輸出を軸に、今後どんなビジネス展開ができるか、
是非一緒にお話できたらいいですね。

 

同じツールを使って市場が飽和しませんか?
確かに「ポケ◯ン」や「ジブ◯」などの同じ商品を売ったとしたら、
その商品は、すぐに飽和してしまいます。

しかし、それを考える前に、市場規模と成長率を考えていただきたいです。

米Amazonに登録されている商品数は1億~2億程度、
また年商も7.7兆円あり、さらに毎日登録商品が増えていて、
売上げも年25%成長しています。つまり毎年毎年2兆円の市場が生まれています。

今年突如として生まれた2兆円市場で戦うことが出来れば、
初心者の方にとってこれほど恵まれた機会というのは他には絶対ありえないと思います。

その市場であれば、仮に一部の商品が飽和しても、こだわることなく次々商品を追加していけば広大な市場で住み分けが出来ます。
最近価格競争は確かに起きていますが、私はこのビジネスを開始して以来、一度も当月の売上が前月を下回ることはありませんでした。この事実からも、少なくともこの先数年は市場が飽和することはまず考えられません。
資金はどれくらい必要ですか?
クレジットカードがあれば手元資金(現金)がなくても始められます。
これは商品の仕入れはクレジットカードで行うためです。

また、Amazon等へのセラー登録や口座レンタルサービス(月額4,5千円)もクレジットカードで支払えます。

仮にクレジットカードが作れなくても、VISAデビット等の代替カードで始めることが出来ます。この場合、資金は10万くらいから開始出来ます。
在庫はどれくらい抱えますか?多いとリスクになりませんか?
正田式は受注発注方式です。
つまり受注をしてから仕入先に発注をかけます。
事前に仕入れてAmazonの倉庫に発送するFBA(fulfillment by amazon)は、
最初は使いませんから在庫リスクは0です。

つまり不良在庫が資金繰りを圧迫することがありません。ここが他のせどりもしくは中国輸入等との大きな違いです。
クレジットカードは必要ですか?
はい、必要です。

ただし、クレジットカードを作るのが難しい場合には
VISAデビットカード(銀行口座にお金がある分だけ使えるカード)
をご用意頂ければ問題ありません。

ただし、デビットカードの場合には、
Amazonから売上げが入金される前に仕入れ代金を支払うことになりますから、
銀行口座に仕入れる分の資金が必要となります。
どんなものが売れますか?
フィギュア、アニメグッズだけでなく、
一般的な消費財、美容品、おもちゃ、
仏具など実に様々なものが売れています。

実際に売れて初めてその商品を扱ってたことを
知るので毎日が驚きの連続です。
Amazonに在庫登録するのはどうするのか?
下記の手順です。

1. Amazonのある特性を利用し、アカデミー自慢のツール、
「エクスタ!」に商品キーワード(「ポケモン」など)を入力して検索します。
2. 結果を一括ダウンロードし、Amazon管理画面からアップロードするだけ。

これくらい簡単です。
特殊な販売テクニックは必要でしょうか?
Alexa(サイト評価)ランキング全米4位、世界でも第6位のAmazonが集客・販売してくれますので、全く必要ありません。
このAmazonの販売力には驚くものがあり、勝手に商品が売れていきます。

ですから、検索上位を狙って(SEO)、成果が出ずに一喜一憂したり、
広告(PPC)で経費をたくさん使ってしまうこともありません。

Amazon販売をしたことがない人にとっては奇跡のようですが、
このマーケティング力こそがAmazonがAmazonたるゆえんです。

ですから販売テクニックは全く考えなくてよいのです。
広告費はかかりますか?
Amazonが販売してくれるため、必要ありません。
英語がどうしても不安です。
Amazonやお客さまとの英語のやりとりはありますが、
多くは、英文テンプレート、もしくは翻訳ツール(無料)、で対応が可能です。


TOEIC250点の方でも対応できていますので安心してください。
ちょっとでも困ったらすぐにサポートまでご連絡くださいね。
法規制に関しても教えて頂けますでしょうか?
はい、もちろんテキストで詳しくご説明します。

ただ、米国の法規制は日本に比べて非常に緩やかです。
日本で厳しく規制されている薬事法等に関する制限も少ないです。

輸出で注意すべきは、航空便で規制されている商品(可燃物等)
を販売しないよう、気をつけることとなります。
なぜeBayで売らないのですか?
ebayはAmazonのカタログ形式とは異なり
自分で商品写真を撮影し、説明文を書く必要があります。

これは非常に手間で、初心者の多くはこの出品作業で
ギブアップする可能性が高いです。

私はとてもできません。

Amazonではこれら一切が不要なので新規参入者向けなのです。
電話サポートはありますか。
いいえ、ありません。

サポートは、専用グループチャット・スカイプのみになります。
いずれも、無料でパソコンで通話・チャットできるツールですので、
利用料を気にせず、安心してご利用頂くことが出来ます。
ネットビジネスはやったことがないのですが大丈夫ですか?
このビジネスにネットの知識はあまり必要ありません。

むしろ、Amazon輸出とはいえ、本質的には物販ですから、
実際のビジネスでのご経験が活きる部分も
大きいのではないでしょうか?
代金回収に平均でどれくらいの期間を要するのか?
Amazonからは月2回、約15日毎に売上げの入金があります。

また基本的に在庫を抱えないので資金を眠らせることはありません。
アメリカ法人は必要でしょうか?
米国Amazonのアカウントを開設するにあたり、
法人口座をレンタルができますので、法人設立も不要です。

また、これらを利用するにあたって
初期費用は少なく、とても気軽にできてしまいます。
在庫を抱えすぎて、資金繰りが苦しくなるのでは?
基本的に無在庫販売からスタートしますので、その心配はありません。
もし資金に余裕ができたら、FBAも活用していくことも出来ます。
個人でもできますか?
はい、全く問題ありません。
ほとんどのかたは個人で参加なさると思います。
海外発送センターは受講生は使わせてもらえるのでしょうか?
はい、もちろんご利用頂けます。

都内、365日稼働している、海外発送センターは、「速い、安い、うまい」
を合言葉に迅速・丁寧・割安なサービスを提供しています。
さらに、お客様への発送連絡まで対応しますので、ご満足頂けると思います。
カードで仕入れてもマイナスになる時にどうするのでしょう。
エクスタ!には、赤字にならないように、在庫を調整する機能があります。

通常、販売価格や、仕入れ値は刻々と変化するので、赤字・欠品は避けられまえんが、エクスタ!を使えば、ほぼこのような心配から開放されます。

こちらも当アカデミーで学ぶことが出来ます。
分割でのお支払いは可能でしょうか?
原則として、クレジットカードでの分割のみ承っております。

お振り込みでの分割をご希望の方はask★maiei.net(★→@)までお問い合わせ下さい。 しかしクレジットカードがないとAmazonを使うことは難しいことをご留意下さい。
米国Amazonに出品する際、商品名などを英訳する必要はないのですか?
通常、商品を登録する際には、すでに登録されている情報があるので、 新たに画像、説明文等を記入は不要です。

また、新規登録(初めての商品を登録する)の際にも、 エクスタ!では、自動翻訳機能もありますので、問題ありません。
米国でビジネスを行う場合、納税はどのようにしたらいいのですか?
米国Amazonに登録をする際、日本で納税することを申請することが出来ます。

こちらの手続きもマニュアルで丁寧に説明しますので、ご心配は不要です。
日本語の説明書しかない商品を販売して、クレームになりませんか?
一般に説明書を要する商品は少ないですが、説明が必要な場合でも、
多くの日本商品は、米国市場での販売を前提としているので、
英語説明書も、メーカーホームページよりダウンロード出来ることが多いです。

もし、ない場合でも、メーカーに英訳を依頼するか、お客様に自動翻訳でお読み頂くようご案内します。

これでほとんどのケースは対応出来ますので、問題ないです。
海外に住んでいますが、このビジネスはできますか?
海外にいても問題なく行うことが出来ます。

というのも、日本にいなくてはならないのは、
商品の受け取りと発送だけですが、
これは海外発送センターをお使いいただければ
日本にいる必要はありません。

むしろ、海外にいらっしゃることで、外国人や
在外邦人のニーズ等を理解されているから
こそのメリットもあるのではないでしょうか?
為替が再び円高になる可能性はありませんか?
我々は、為替動向を読むことは出来ませんが、
現時点では長期的な円安となっており、輸出に適した環境と言えます。

また、円高になったとしても、無在庫であれば
為替差損を仕入れ値に組み込めるため、実際にはリスクは考えられません。
米国Amazonに販売者登録をするのに、法人名は必要ですか?
個人名で問題ありません。
英語が不安です。

英語って不安になりますよね。よくわかります。  

動画でも申し上げましたら、講師の柏木はTOEIC250点の英語アレルギーです。  

しかし、翻訳ソフトとテンプレートでほぼ対応出来るので、問題なくやれております。

ご安心ください。
出品方法は大変ですか?
米国Amazonへの出品方法は、日本と同じく、商品ページから出品するスタイルです。

ただし、これでは1件ずつで手間がかかるので、当アカデミーでは一括登録の方法もお伝えします。
ツール「エクスタ!」の利用料はいくらでしょうか?
エクスタ!は受講生の方は期間中は無料でご利用いただけます。
ツールの受講期間終了後の利用は出来ますか?
受講期間終了後のツール利用は、よくある他の類似ツールよりも、 お安く提供したいと考えています。(詳細は調整中です。すみません)

実は受講生以外の方からもツール利用についての要望が多いのですが、現時点では、外販する予定はありません。

受講生の方だけがお使いいただけるツールとなります。
ツールの強みは?結局価格競争になるのでは?
ご指摘のように同じ商品を売っている限りは価格競争は避けられません。  
逆に次々を商品を追加していく限り、そうではないということだと思います。
エクスタ!では、価格競争よりも早く商品を追加できることが出来ます。

またエクスタ!以外にも、市場の住み分け、進出、市場の創造等、
価格競争に負けないノウハウがあります。これもテキスト等で詳しくご説明します。
発送センターは不要でないか?(コンビニ受け取りがあるし)
もちろん、ご自身でもコンビニや宅配ボックスで荷物を受け取ることが出来ます。

ただし、販売数が増えると作業的に限界がありますし、荷物の受取も不可能(いつも在宅出来ませんから)です。また、郵便局は夕方までしか営業していませんので、その場合すぐに発送できません。

受講生の方限定で、都内にある物流アクセスのよい発送センター(年中無休)をお使いいただけますが、これも、品質維持のため、一定数で募集を終了するかもしれません。
赤字になりそうで、不安です。やる、やらないの判断ができません。
黒字になる商品を扱っている限りは、頑張ればそれだけ利益になります。  
そのためにも在庫管理を徹底してやっていただきます(といってもエクスタ!が恐ろしいスピードでやってくれますが)。繰り返しになりますが、赤字商品を放置しない=売らない、ただこれだけです。
コスト計算があまいと赤字になるのでは?
確かに送料等の計算があまいと赤字になること、そのようなケースもあると思います。

これは間接コストをしっかりと計算することが回避できますが、複雑な送料計算等は、エクスタ!でやってくれますし、他の項目は、すぐに慣れると思います。
今はほぼ赤字となることはありません。

ここは、しっかりと当アカデミーで学んでいただけるようマニュアル等、ご用意致します。
売れた商品がない場合はどういう対応をなさっているのですか? 
注文が入ってから仕入れられないかどうか、ご不安ですよね。

エクスタ!の在庫管理機能を使えば、仕入れられないことはほぼありません。

ただし、エクスタ!を使っても、タイミングで、まれに品切れ、値上がりがあります。

この場合でも、多くの場合、Amazon以外から同等価格(若しくは割安)で商品を仕入れることはできていますし、 そうでなくても、お客さまに事情を説明して、待っていただくか、キャンセルして頂くかをご判断頂いています。

全体としては、このケースはあまりないため、問題なく対応出来ている状況です。
損益分岐点はどこか?
損益分岐点は確かに気になりますよね。

すでにご紹介している当アカデミーの内容(24.8万先行価格)を
先行投資とすれば、 月5万の利益で5ヶ月回収、
10万で2.5ヶ月回収と考えることが出来ると思います。

その後は、すべて利益となります。

企業にいた際は、回収期間は5年か、早くても2年が普通だったので、
これと比較すると早い回収期間だと、個人的には思っています。

もちろん、考え方は個人差もあると思いますので、
適宜、ご判断いただければ、と思います。
クレジットカードの限度額はいくら必要ですか?
このビジネスでは、クレジットカードの限度額=仕入れの資金力、となります。

ですので、多ければそれに越したことはありませんが、一方、クレジットカードの限度額をあげるには時間がかかりますので、 徐々に、信用を積み上げて限度額を増やしていき、目標の資金力を目指していくのが順当だと思います。
手数料などあるので、利益なんて出ないのではないか?
本当に利益がとれるのか、ご不安ですよね。  

我々のツールは実際に間接費を検索条件に組み込むことが出来ます。  
そして、全体として現実に利益は出ています。

またAmazon輸出アカデミーでは、営業利益以外の利益積み上げもアドバイスします。
競合が同じツールを作るのでは?
他社が真似て似たようなツールを作ることは、我々にはどうしようもなく、また仕方のないことです。

私たちは、自分のコントロール出来ないことよりも、自社のツールを磨くことに集中しています。

エクスタ!は期間中は無料、その後は月額課金ですので、その都度、受講生の方々にご判断頂ければいいと思います。
日本のクレジットカード持ってない。使えないケースもあるが大丈夫か?
なるほど、海外発行のカードが使えないケースもありますよね。

結論から言えば、日本のAmazonで購入出来れば問題ありません。

ちょっとこのあたりは、当方でも把握しきれていませんので、可能なら、事前に試して頂ければ安心かと思います。  また、クレジットカードが作れなくても、日本居住なら、VISAデビットカードが作れるので、こちらをお使いになるといいでしょう。
海外発送センターの利用コストはいくらですか?
海外発送センターの料金は、1個あたりの手数料が300円で調整中です。
これと送料以外には、ほかにかかる費用(基本料金や保証料)がありません。
これは、業界最安値級のお値段だと思います。

サービスの内容は、荷物の受取、検品、軽量梱包、配送手段の選定、宛名書き、税関資料の作成、発送、送料通知(セラー向け)となっています。
Amazonでの販売イメージがなかなかつきません。
楽天とかと同じくショップを作るのですか?
おっしゃるようにこれまで販売したことがないと、なかなかイメージつきにくいかもしれません。

Amazonでは、楽天やYahooショッピングのようなショップを作る必要はありません。以下のように、商品ページの下に“new(新品) from $XX”とあり、ここをクリックするとセラーページとなります。

http://www.amazon.com/gp/offer-listing/B00DFFT76U/ref=dp_olp_new?ie=UT...

複数のセラーが販売していますよね?このセラーと同じように販売するイメージです。
地方在住でセミナーに参加できないがどうしたらいいか?
隔月で、東京・大阪で期間中4回、集合セミナーを行います。

本来、すべての申し込みいただいた都市に伺いたいところです。
しかし、残念ながら時間等の制約でかないません。

しかし、セミナーの様子は後ほど、動画等でご覧いただけるように配信しますので、問題なく学習頂けます。
新品だけ扱うのはなぜか?
新品も中古も扱うことが出来ますが、
当アカデミーではまず、新品の扱いを推奨します。

これは、中古の場合は商品の状態が一様ではないため、
実際に仕入れて、商品が手元に来ないと状態がわからないことや、
状態についてのセラー/バイヤー間の認識違いなどがあるため、まずは新品でビジネスを理解してから手がける商品だと考えています。

ただし、状態にブレがあるため、逆に利幅が取れやすいケースもあり、総じて中級以上だと思います。
リスクが少ないように書いてあるが、本当にリスク、デメリットはないのか?
今回は、無在庫、クレジットカード仕入れ、となっていますので、投資に関するリスクは極めて少ないです。なぜなら、顧客が購入(回収)が確定してから、これらの資金を投入するからです。

あえて言えば、Amazonが撤退したり、大きなルール変更をしたりするなど、外的リスクや、商品毎にキチンと計算していないことによる赤字(個別の内的リスク)くらいでしょうか?このような見通しがあるので、私たちは、コントロール可能だと思っています。

むしろ、せっかく当アカデミーに入ったのに、しっかりと実践しないことによるリスク(機会損失)が一番大きいのではないかと個人的には思います。ただ、このあたりは、個々人毎のリスク感度や、ご印象の違いもあろうかと思いますので一概には言えません。
海外に居るんですが、受講後、テキスト海外の自宅まで発送してもらえるのでしょうか?
テキスト、動画マニュアルは、Webからのダウンロード若しくは閲覧となりますので、どこにいてもPCがあれば見ることが出来ます。
米国Amazonへの商品登録数の上限は何件ですか?
すみませんが、わかりません。しかし、我々も相当数の商品を登録できていますので、問題ないと思います。
質の悪い日本人セラーのせいで、米国Amazonや欧州Amazonなどで無在庫販売を規制されることは考えられませんか?
まず考えられないと思います。そもそも我々が無在庫かどうかと言うのをAmazonが把握できません。規制の対象になるのは、主に購入者様に迷惑をかけるようなセラーかと思われますが、きちんと海外発送センターを使い迅速かつ丁寧に商品をお届けすれば、まずその心配はないでしょう。
商品登録後、仕入れ元の価格が変動して赤字になってしまったり、仕入れ元から在庫がなくなってしまうなどのトラブルは考えられませんか?
全くその心配はありません。Amazon輸出アカデミーでご提供しているエクスタ!であれば、仮に数十万商品登録していても毎日在庫や価格の調整を行うことが可能です。毎日更新できるのは、このツールが業界最高速度で価格・在庫調整を行えるためです。また、このツールにより、赤字になる商品・仕入れられない商品は自動的に出品をオフにします。
Amazonの仕組みを利用しているので、変化に対応出来なくなりませんか?
もちろん、Amazonプラットフォームの仕様は、変化する可能性がありますが、我々も専属エンジニアを抱えているので、対応します。
また、この仕組(AmazonAPIというプログラム)は、すでに数百万もいる業者やセラーが使っているので、いきなり使えなくなれば、それこそ、大混乱でしょう。ですので、その可能性はないと思います。
この、ドル高基調はあとどのくらい続くとお考えですか?
私は専門家でないので、あくまで主観になりますが、
現時点で、円高に振れる可能性(日本経済がよくなる)は、考えていません。また、万が一、米ドルが大きく下落することになれば、その供給量(85%)から考えると、その時は世界経済の崩壊ですから、これも可能性としては少ないと考えます。
参加者をどのくらいの期間募集されるご予定ですか?
そうですね、、、先行募集は100名と聞いています。先行募集以外も、
  募集はすると思いますが、サポートの品質を考えて、一定数で打ち切ります。
個人輸出というよりは、利回りの良い金融商品に投資するのに近い印象を受けましたが、これに参加するのに、適正、向き不向きはありますでしょうか?
それに近い印象を持たれるのは当然だと思います。ただ、これはあくまで物販ですので、投資と違って、極めて堅実なビジネスです。

 また、成果を出している方のスキルはバラバラですが、共通しているのは、地道にやれるかどうか、が重要な要素だと経験から実感しています。
講義はすべてインターネット経由になりますか?
すべてインターネットからテキスト(マニュアル、動画)をダウンロード出来ますが、集合セミナーも4回(東京・大阪)あります。
 ここで顔合わせしますが、出席出来ない場合は、動画を配信します。
商品を購入していただいて、この売上金はどこに入金されるのでしょうか?日本の銀行も指定できるのでしょうか。
米国でのビジネスには米国口座が必要です。
 ただ、これはレンタルできますので、問題ありません。
作業時間は何時間くらい必要ですか?
個人差はありますが、最初は2,3時間、徐々に1時間以内に収めるのが、理想的です。
初めてですが、Amazon輸入登録方法なども教えてもらえますか?
もちろん、テキストで詳しくご説明します。
海外法人の作り方は教えて頂けますか?
もちろんです。月商200万円以上から海外法人のメリットを享受できるため、月商200万円以上を達成された方に、適切な米国法人設立エージェントをご紹介させて頂きます。
ただ、それはテキストにはしないので、個別にご相談ください(^^)。
なぜこのようなノウハウを公開するのですか?独り占めした方がいいと思いますが、、
我々は社団法人(個人の起業を支援する)を運営しており、このAmazon輸出アカデミーもその社団法人のプロジェクトです。また、経験上、ノウハウを公開するよりも、仲間と一緒に行うほうが成長が早いことを実感しています。このように、起業を促進と相互成長のため、ノウハウを公開しています。
中国輸入の方が利益率が高いのですが、、
確かに商品の価格差は、中国輸入の方が高く、利益がとれそうですよね。
 ただ、我々は、商品価格差以外でも輸出に有利な制度など、利益を積み上げるノウハウがありますし、世界中で評価の高い、日本製の商品を扱うことが、結果として顧客対応のコストを下げられることも経験上、実感しています。
輸出に有利な制度とは何のことですか?
詳しくは、テキストやセミナーでご説明しますが、日本は輸出業者に有利な各種制度があります。これらを活用することで、表面上の価格差以外で、利益を積み上げることが可能です。
そのような制度を利用するには専門知識が必要なのでは?
ご不安はよくわかります。我々も、テキスト等は準備しますが、安心出来るように、それぞれの道の専門家をサポートチームに加えています。専門家からの的確なアドバイスがあれば、安心して制度を活用いただくことが出来ます。
ネットビジネスは孤独なので、挫折しないか不安です。
これもよく理解できます。ネットビジネス、ネット学習は孤独になりがちです。ですので、Amazon輸出アカデミーでは「挫折出来ないサポート環境」をご準備しています。詳細は、説明ページをご確認ください。
受講費の決済にデビットカードは使えますか?
VISA,MASTER,JCB,AMEXのデビットカードでしたらご利用頂けます。 ただしデビットカードの場合、原則として、分割払いには対応しておりません。
また、キャッシュカードのデビット機能はご利用頂けませんのでご了承ください。

 

最後に

 

なぜ我々はこのノウハウを公開するのか?

 

我々のノウハウとツールなどを公開してから、
皆さんから頂く、ある質問があります。

それは、

「そんなにうまく行くなら、なぜ公開するのか?」
「勝手に独りでやればいいじゃないか?」

というものです。

確かにこのような疑問を持たれるのは自然ですし、
私があなたの立場なら、きっと同じように思うでしょう。

しかし、この重要なご質問にお答えする前に、
少し時間を遡る必要があります。

 

友人からのキツイ一言

 

数年前、まだ会社員だった頃

 

私は来る日も来る日も、
起業に向けた勉強を続けていました。

 

そんなある日、

すでに起業を果たした友人達と、
久しぶりに会う機会がありました。

 

表参道の隠れ家的バーに集まった我々は、
楽しくグラスを傾け、いつしか話題は、
友人が立ち上げた新事業に移っていきました。

 

私は、その時読んだ本から得た情報を元に、

「その事業はこうあるべきだ」とか、
「この部分を改善すべきだ」など、

いつの間にか、熱く語っていました。

 

すると、それまで静かに私の話を聞いていた友人が、
ふいに言ったのです。

 

「リスクを取っていないお前に言われたくはない。
それに、本からの知識なら、自分で買って読む」

と。

 

これは、私にとって、キツイ一言でした。

 

間違ったことは言っていない、という反発心と、
経験してないことを得意げに語っていたことに対する気恥ずかしさ、

そんな思いにとらわれ、何も言えませんでした。

 

今の私であれば、わかります。

その友人は自分でリスクをとって起業し、
いくつもの苦難に直面しながら、
それでも、努力して事業を進めている。

 

それに対して、私はサラリーマンの立場に安住し、
そのくせ、主張だけはいっぱしの理論家。

そんな私の意見は、彼には腹立たしかったことでしょう。

 

そして、起業支援へ

 

そして、その時に誓ったのです。

「いつの日か、仲間とビジネスを成功させ、
 助言を求められる存在になろう」

と。
数年後、Amazon輸出で起業を果たした我々は、
ある組織を設立しました。

 

「サイエンスとアートを融合し、
 誰もが自分らしく、経済的、精神的に自立することを支援する」
(フェニックスグループ理念)

 

この理想を実現することこそが、我々の目的です。

そして、Amazon輸出アカデミーは、
このフェニックスグループ、最初のプロジェクトです。

 

我々のAmazon輸出に関するノウハウを公開し、
成功を支援するツールや発送センターを作ったのは、
すべては、この理念を実現するためなのです。

 

もしかしたら、皆さんの中にも、
誰かが悩み、助言を必要としているときに、

「こうすればいいのに」
「ああしたらもっと良くなるのに」

と思って正しいアドバイスをしても、
相手がなかなか変わらない、変化しないなど、
歯がゆい思いをしているかも知れません。

しかし、それは当たり前のこと。
なぜなら、

「誰もが成功者からアドバイスを受けたい」

残念ながら、それが現実です。

 

だからこそ、

あなたに、Amazon輸出アカデミーを通じて成功し、
勝利者として、助けを必要とする方を導いて欲しい。

そのように思います。

 

私達は、そのような皆さんのご参加をお待ちしています。

 

正田